森山威男QUINTET Live in Buddy 夜の部

7月
7 Sun 2024
ジャズ

■出演
【森山威男QUINTET】
中山 拓海 (saxophone)
魚返 明未 (piano)
水谷 浩章 (bass)
相川 瞳 (percussion)
森山 威男 (drums)

【プロフィール】
■森山威男

ドラムス奏者。1945年1月27日、東京都品川区生まれ。
生後すぐに山梨県甲州市に移住。
幼少期に聴いたジャズの生演奏に魅了され、ドラムに興味をもつ。
甲府第一高等学校入学後、ブラスバンド部に入部し、2年生からドラムを担当。
東京藝術大学音楽学部器楽科に入学。
在学時からジャズのセッションに参加し、山下洋輔と親交を持ち、1969年に結成された山下洋輔トリオに初代ドラマーとして参加。
特異なフリーフォームを完成させ3度のヨーロッパツアーで激賞を受けたのちの1975年に山下洋輔トリオを退団。
1977年からは森山威男カルテットなど、自己のグループで4ビート・ジャズに回帰。
国内はもとより、ドイツ、イタリアでも演奏。
2001年『渋谷毅&森山威男/しーそー』で「第56回文化部庁芸術祭賞レコード部門<優秀賞>」
「第35回ジャズ・ディスク大賞<日本ジャズ賞>」、2002年「第27回南里文雄賞」受賞。
2001年からは岐阜県「可児(かに)市文化創造センター 主劇場」で
「MORIYAMA JAZZ NIGHT」を毎年開催。1000人の聴衆を集め地元の文化活動に貢献している。
2017年に著書『スイングの核心』を発表。山下洋輔トリオ時のフリーフォームを自ら解析。

■HP
https://bowz.main.jp/take-0/

■中山拓海

1992年静岡県富士市に生まれる。国立音楽大学を首席で卒業。大学時代、早稲田大学ハイソサエティ・オーケストラに在籍しヤマノ・ビッグバンド・ジャズ・コンテスト最優秀賞を2年連続受賞、並びに最優秀ソリスト賞受賞。GUCCIタイムピーシズ&ジュエリー日本音楽基金より初の奨学生として選出され、ロサンゼルスで開催されたグラミーキャンプに同奨学金を受け参加。多国籍ジャズ・オーケストラAsian Youth Jazz Orchestraにてコンサートマスターを務め、アジア六カ国でツアーを行う。アゼルバイジャン共和国で開催されたバクージャズフェスティバルに自身のバンドで出演するなど国外にも活動の幅を広げる。2019年4月、渡辺貞夫クインテット2days新宿ピットイン公演に渡辺貞夫氏 本人によりゲストとして呼ばれ参加。同年12月CD”たくみの悪巧み”でキングインターナショナルよりメジャーデビュー。ジャズ国内アーティストとしてキングインターナショナルからのリリースは史上初となる。2021年ゲイであることをカミングアウト。
株式会社JAZZ SUMMIT TOKYO代表取締役
国立音楽大学 くにおんアカデミー講師

■Doors open times
OPEN 18:00 / START 19:00

■Live charge
[前売] ¥5,500+1drink ¥700
[当日] ¥5,800+1drink ¥700
[学生] ¥3,300+1drink ¥700

※本公演は当店での予約受付、お問い合わせへの対応を行なっておりません。
↓ご予約・お問い合わせ先
20240707take0@gmail.com

関連スケジュール